安産の灸について


 お母さんになられる方へ

東洋医学にはツワリや安産のための特効穴があります。この安産の灸はお産を楽にし、赤ちゃんが元気に生まれ、よりよい母乳が出て産後の日立ちを良くする素晴らしいお灸です。

お灸の効果

お母さんの体調を整えて妊娠中の足のむくみやだるさが取れ、出産時には陣痛が軽くすみます。また、子宮内の胎児の状態を整え、先天的に元気で胃腸の丈夫な子供が生まれます。


安産のツボとお灸の据え方

妊娠5ヶ月過ぎで胎動を感じたころから「三陰交」というツボにお灸を据えます。最初は三壮ぐらいから始め、月数が進むにつれて数を増やし、出産日前には20〜25壮ぐらいになると良いでしょう。

「三陰交」の場所は内くるぶしの上、6〜8センチぐらいのところで、骨のふちを押すと痛むところです。
最初に「三陰交」の場所とお灸の据え方を教えてもらえば、自分で出来るようになります。艾(モグサ)の大きさは米粒大か、ごま粒ぐらいが良いでしょう。

胎児の位置異状(逆子)にもお灸は大変良い効果があります。お産は特別な異状がない限り、なるべく手を加えず自然分娩が望まれます。


トップへもどる